汗とニオイについて「汗について」

汗とは

汗とは皮膚の汗腺から分泌する液体で、99%が水なのですが、残りの1%含まれている物質がいろいろな悩みの原因となります。 残りの1%に含まれる成分は主に塩化物です。 ですので汗をなめると塩味がするのは塩分が含まれているせいです。 その他にも、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、重炭酸イオンなどのミネラルや電解質、さらに乳酸、尿素などもごく少量ですが含まれています。 俗に言う「老廃物」というものです。

なぜ汗をかくのか?

人は汗をかくことで、体温調節をしています。 汗の水分が身体の皮膚上で蒸発するときに周囲の熱を奪います。 液体が蒸発するには熱が必要になり、これを「気化熱」と言います。 この「気化熱」よって体温を36.5度前後に保つことが出来るのです。 人がもし汗をかかなかったら熱がどんどん上がっていき、身体の限界を超えて死に至ります。 運動をしているときや、お風呂などで体温が上昇する場合、寝ているときや学校や仕事などで座っていても汗はかいています。 この汗をかくという身体の機能のおかげで、普段の生活のなかで「体温を一定に保つ」が出来て身体が正常に機能して健康ですごせるのです。