汗とニオイについて「なぜ汗をかくと臭くなるのか?」

なぜ汗をかくと臭くなるのか?

汗をかくと臭ってないかな?っと気になる人は多いと思います。 基本的には汗は水なので、もともとは無臭なのですがなぜ汗臭くなるのでしょうか。 その原因はいくつかあるのですが、汗をかくことで皮膚の表面にある汚れなどを エサにして増えた雑菌などがあの嫌な臭いのもとなのです。 また汗には、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、重炭酸イオン、などのミネラル、 電解質、乳酸、尿素などの老廃物が含まれています。 アポクリン腺から出る汗には、このような多くのミネラルなどが含まれており、 体の表面の雑菌がミネラルなどの老廃物を分解していくことで臭いとなり、 ワキガの原因となります。 エクリン腺から出る汗は99%ほどが水なのですが、残りの1%の中に臭いの原因となる 物質が含まれており、塩分などのミネラルの他に、体からの老廃物がほんのわずかに 含まれています。

汗腺と汗の臭いの関係性とは?

汗の大本は血液で「血漿(けっしょう)」と呼ばれる汗のもとが汗腺で作られます。 その血漿には多くのミネラルが含まれているのですが、汗腺を通り、 皮膚の表面に出るまでに吸収されていきます。 汗腺の力が弱まり、ミネラルの吸収力が下がると臭いのもとになる物質が多いため 臭いが発生するのです。 ですので日頃からたくさん汗をかいて汗腺を鍛えておくことも臭いケアのひとつです。