雨が多くて汗をかきにくい時期でもしっかりとケアしておきたい汗対策

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

雨が多くて汗をかきにくい時期でもしっかりとケアしておきたい汗対策

湿度たっぷりで去年より暑くなりそうと予想される今年の夏。

湿度が高いと、体感温度が上がりやすくなるほか、汗が蒸発しにくくなることで肌がべたべたして、不快感も高くなりがちです。
とくにコロナの影響でマスクを常時しているため、体感の温度は特に高くなると思われます。

ジメジメと湿度が高い状態で体感温度が高くなりすぎると、汗だくになる他に熱中症の心配も出てきますので気をつけていきたいところです。

私たちが汗をかくのは、主に体温の調節をするため。
暑くなったり運動したりすると汗を大量に分泌し、皮膚の表面から水分が蒸発するときの気化熱を利用して、上昇した体温を下げています。

雨で湿度が高くて体の表面には汗をかきにくい状況であったとしても、ワキの下などには大量に汗をかくことがあるので、ニオイ対策はしっかりと気をつけていきたいところです。

汗を出す汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、分布する部位やニオイに違いがあります。
主に体温調節をするエクリン腺は雨などで皮膚の表面に水分があると、汗はかきにくい場合もありますが、アポクリン腺の場合はあまり影響を受けずに体温の上昇に比例して汗を分泌します。

エクリン腺とは?


体温調節の役割が大きく、体のいたるところに分布している汗腺です。
エクリン腺から分泌される汗は、99%が水分で、サラッとしており、ほとんど無臭です。

アポクリン腺とは?


毛穴にある汗腺で、ワキの下や耳、陰部など特定の部位に集中しているのが特徴です。
アポクリン腺から分泌される汗には、少量のタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれています。
汗そのものは無臭ですが、タンパク質が皮膚の上の常在菌によって分解されると、ワキガ特有のニオイを発生させてしまいます。

なので、梅雨の時期でジメジメと湿度が高くて汗をかきにくい状況であっても、しっかりと体温調節をしたり、制汗剤などでワキ汗などの対策は重要なポイントなのです。


自律神経を鍛えてしっかりと汗をかくことで体調を整える



この時期は気温が高い割にジメジメとしているため汗をかきにくくなり、それによって水分代謝がうまくいかないことで、体調不良や肌のトラブルにもなりやすいので注意が必要です。

雨で湿度が高くてもしっかりと水分を取ることが重要です。

雨の日は湿度が高くて、ジメジメとしており汗をかきにくい状態です。
汗をかかないと毛穴が閉じてしまうので、熱が体内にこもりやすく、体温が上がりすぎて胃腸などの不調につながることもあります。
発汗は自律神経の作用です。
汗をかかないと自律神経のバランスが悪くなり、体にはさまざまな不調が現れます。
そのため、自律神経を整え、鍛えることが必要です。

自律神経を整える「交代浴」


自律神経を鍛えて整えるためには、「交代浴」がおすすめ。

交代浴とは、温かいお湯と冷たい水を交互に浴びることで発汗を促す作用のある入浴方法です。
サウナの後に水風呂に入るのもこれと同じことです。

お風呂に入って体を温めるだけでも十分に血行は良くなりますが、熱いお湯と冷たい水に交互に入ることでさらに血行が良くなるのです。

そのメカニズムとは、まず熱いお風呂に入ると、血管が拡張します。
これは体が体温を外に逃がそうとするためです。
そして冷たい水を浴びると、今度は体が熱を逃さないようにするために反応して血管が収縮します。

血管の拡張と収縮を繰り返すことで、血行を良くして発汗を促す効果があります。

しっかりと汗をかくためには、まず温めのお湯に長めに浸かり、しっかりと体を温めた後、冷水シャワーを首や肩、背中や腰に当てます。

サッと体温が下がって汗が引くのを感じたら、その後、またゆっくりめに温かいお湯に浸かり汗をかくまで体を温めると良いでしょう。

サウナなどでもこのような入り方で同じような効果があります。
発汗を繰り返すことで、自律神経を整えることができるのでぜひ行ってみましょう。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →