汗腺の機能を高めて質の良い汗をかく「ニオイが一番きついのは春の汗」

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

汗腺の機能を高めて質の良い汗をかく「ニオイが一番きついのは春の汗」

汗のニオイが気になる季節といえば「夏」というイメージですが、
実は暖かくなってくる春先の方が、ニオイのトラブルが多いのを皆さんご存知でしょうか。

もちろん年間を通して汗はかくのですが、一番ニオイがきつくなりやりやすい時期は
暖かくなってくる春なんだそうです。

冬の間、汗腺はおやすみしている状態


寒い冬の間には、ほとんど汗をかくシチュエーションはありません。
汗をかく機会が無いので汗腺が休みがちになり、機能が低下しています。

汗腺は筋肉と一緒で使わなければ機能は衰えるのです。

特に真冬などは気温が低く、体温も低くなりますので汗が出ることはほとんどありません。

冬の間、おやすみしていた汗腺から、春になり暖かくなって初めてかく汗は、
汗腺の機能が低下しているので水分量も少なくじっとりとしていて
排出される分泌物も濃くなる傾向にあります。

ほとんど汗をかかないる時期の汗に含まれるミネラルなどの分泌物の濃度は、
よく汗をかく夏などに比べなんと2倍にもなります。

アンモニアなどの分泌物を多く含んでいるため、強い臭いが発生しやすくなります。

なるべく汗をかくことで汗腺の機能を高める


下がっている汗腺の機能を高めることが、春の汗のニオイケアには重要なポイントです。

汗腺の機能を高めるということは、すなわち汗をかくこと。

ですのでなるべく体を温めて汗をかくようにしましょう。

暖かくなってきてもシャワーですませずにゆっくりと湯船につかり、足だけの足湯や半身浴などで汗をかく練習をするとよいでしょう。

熱めのお湯をはった湯船に四つん這いになり、まずは手足だけを温める手足浴でじっくりと時間をかけて身体の内側を温めます。

発汗は体の体温を上げることでおこりますので、血液の循環を良くし身体の内側を温めるのがとても重要です。

湯船の温度が下がってきたら、下半身もお湯につかり半身浴に切り替えてじっくりと汗をかくと良いでしょう。

また、湯上りもエアコンなどを使用せずに、ポカポカの状態で過ごし、なるべく自然に汗が出る状態を維持しておくと良いでしょう。

汗をかくことで汗腺の機能が刺激を受けて夏場の状態へ戻ります。

また、ゆっくりと時間をかけて行うストレッチ、軽い負荷のトレーニング、ウォーキングなどの有酸素運動も効果的です。

運動をすることで血行が良くなり、身体が温まって汗をかきやすい状態になるのです。

冬の間、眠っていた汗腺をしっかりと起こして、質の良い汗をかくようにしておけば、春のニオイのきつい汗もしっかりとケア出来るのです。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →