外出の少ないこの時期にやっておきたい汗対策や体臭ケア

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

外出の少ないこの時期にやっておきたい汗対策や体臭ケア

これからの季節、雨が降ることも多くなってくると思います。

雨が降ると外に出るのは面倒なもの。

最近は外出自粛のおかげで、休日でも自宅にいることも多くなり、ほどんどの人が運動不足です。

そして、これからの季節はエアコンで部屋の温度も調節されており、昔と比べると汗をかく状況などもとても少なくなりました。

屋内で過ごすことが多く、なかなか汗をかくことが少ない生活だと、体の代謝も落ちて汗もニオイがきつくなりがちです。

汗はかけばかくほど、ニオイがしない「汗」になり、逆にかかない状態から出る汗はベタベタとしていて臭い汗になります。

現代人のかく汗は昔に比べると臭くなったといっても過言ではないと思います。

普段から良く汗をかいていると、サラサラとしていて無臭の汗をかくことができます。

しばらく汗をかいていない状態が続いたあとのかく汗は、老廃物を多く含んだ汗をかき、とてもニオイがきつくなる可能性が高くなるのです。

そんなときに気をつけたいのが食生活。

肉などの動物性タンパク質には、アンモニア、硫化水素など臭いがきつい成分も含まれており、肉食に偏った食生活では、どうしても汗が臭いやすくなります。

また、ストレスが多いと体内の活性酸素が増加してしまいます。

活性酸素が増加すると体が酸化しやすくなります。

酸化は体にとっては良くないことで、鉄が錆びるように、体の老化を促してしまいます。

体の表面にある皮脂が酸化すると、加齢臭のようなニオイが発生するのです。

梅雨で思ったように外出ができなくても、こんなときだからこそしっかりとした汗対策、体臭のケアは必要なのです。

有酸素運動などを生活に取り入れてしっかり汗をかく


しっかりと汗をかき、汗腺の働きを良くするためには有酸素運動が効果的です。

激しい運動を伴う筋トレなどの無酸素運動では、ストレスもかかり急激に汗をかくため、あまり効果的ではありません。

おすすめなのはゆっくりと運動をしてジワジワと汗を長くかくことが一番効果的です。

出来れば毎日30分程度の、ちょっと汗ばむ程度の強度の運動を心がけましょう。

エアコンは効かせすぎずに適温設定を心がけましょう!


最近は気温も高くなっており、熱中症の懸念もあってエアコンをまったく使わない状況は難しいと思います。

ですが、温度設定が低すぎる部屋でずっと生活をしていると汗腺を退化させてしまいます。

暑すぎず涼しすぎず適温で過ごせるように温度設定は気をつけるとよいでしょう。

一番良い温度設定は27℃が良いとされています。


食欲が下がるこの時期だからこそ食事を大切に!


食事には、血行を促進するショウガや、体の代謝を上げるお酢などをなるべく多く摂るようにすると発汗がよくなります。

汗の臭いが気になりだしたら、肉類や脂っこいものはなるべく控えて、体の酸化を防止するためにも抗酸化作用のある、ビタミンCを含む野菜や果物、ビタミンEを含むオリーブオイルや玄米などを食べることをおすすめします。

サラサラとしている臭わない「良い汗」をかくためには健康的な毎日の生活習慣が大切なのです。

まだまだ不便な生活が続きますが、ちょっとした運動を普段の生活に取り入れたり、食事に気を使ったりといろいろと工夫をしてみると汗対策、体臭ケアにもなるし健康的にも良い結果が出ると思います。

この投稿をシェアする



← 投稿順