冬の汗は臭い!?厚着、効きすぎた暖房「知っておきたい寒い時期の汗対策」

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

冬の汗は臭い!?厚着、効きすぎた暖房「知っておきたい寒い時期の汗対策」

汗は暑い夏にかくものという認識が強いと思いますが、実は寒い冬でも汗はたくさんかいているのです。
冬の場合、もちろん外は寒いのですが室内に入ると暖房が効いていて温かいので気温の差が激しく、電車の乗り降りなど温かいところに入るたびにコートを脱いで体温調節をするといったことも結構面倒なので、多少暑くても着たままの状態にしていることの方が多いと思います。
なので気温が低くても意外と体温が上がるシチュエーションは多く、その都度身体は汗をかいて体温調節をしています。
そのなかでも特に冬場で防寒のために厚着をしているときにかいてしまった汗は乾燥しにくくムレやすくなるので注意が必要です。

冬は汗腺が休憩しています。

頻繁に汗をかく夏と比較して冬は汗をかく機会がとても少ないため、汗腺の活動は活発ではありません。
とくに気温の低い季節は身体の末端の方から冷えていくので、手や足のほうの汗腺はほとんどお休みしている状態です。
そんなときに急激に体温が上がり汗をかく状態に身体がなったときには、身体の中心部であるワキなどから一気に汗をかくことになるのです。
気温が低くて寒いのに、衣服の中ではワキ汗でびっしょりなんてこと、みなさんも経験はありませんでしょうか?

冬場の汗は要注意

寒い時期はほとんどの人が水分補給をあまりしません。
体内の水分が少ないこともあり、冬場の汗は塩分濃度がとても高くなる傾向にあり、ニオイが発生してしまったり、ベタつく状態になりやすいのです。
特に冬場のワキ汗には注意が必要です。
アウターを着た状態で暖房の効いた屋内に入ると外気との温度差で体温が上がりポカポカして汗をかきやすい状態になります。
また厚着をしているので、通気性が低く温度は高いので汗が乾燥しにくい状態です。
そんな状態で汗をかいてしまうと湿った状態で長時間過ごすことになり、高確率でニオイが発生してしまいます。

冬の汗対策

そんなことから冬の汗対策はとても重要なのです。
汗をかいてしまったら、しっかり拭き取ったりしてケアをこまめにいないと、厚着をしているのでなかなか汗が乾燥せずにニオイの原因になりやすのです。
でも実際には昼間お仕事をしていたりすると、そんなに気軽には拭き取ることが難しいと思います。
なので厚着するからこそ制汗剤でワキ汗対策をしておくことも一つのポイントではないでしょうか。
しっかりと自分に肌質に合った制汗剤を常日頃から使っておけば安心ですね。

この投稿をシェアする



新着順 →