ニオイの原因となる汗「アポクリン線とエクリン線」

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

ニオイの原因となる汗「アポクリン線とエクリン線」

暑い夏のようにダラダラと汗をかいているわけではないのに、冬の方がなんだか汗のニオイ、体臭が気になる・・・なんてことありませんか?

実は汗が出る汗腺というものには2つの種類があり、ニオイの原因とされる汗は季節にあまり関係なく発汗しています。

冬場には上着を着ていたり、重ね着などで体臭がこもりやすく、しっかりと汗のニオイ対策をしておかないと、体臭で周りに気を遣うという事態になりかねません。

なぜ汗はニオイのもとになるのか?汗とニオイのメカニズムについてご紹介したいと思います。

臭わないサラサラ汗「エクリン線」


汗のニオイのもとは、やっぱり汗が出る「汗腺」が大きな原因になっています。

実はこの汗腺には2つの種類があるのを皆さんはご存知でしょうか?

汗腺が違うと当然、そこから出てくる汗の種類も違います。

暑い夏にダラダラとかく汗はサラサラとしていて、あんなに大量に汗をかくのにニオイもそこまで気になったことも少ないと思います。

あのサラサラとした汗は「エクリン腺」と呼ばれる体の皮膚に多く存在する汗腺から出る汗です。

このエクリン線は体全体にあり、出てくる汗の成分はほとんどが水です。

多少のナトリウム、尿素などが含まれてはいますが、しっかりと拭き取れば蒸発もしやすいのでニオイもさほど発生しません。

通常暑いときにかく汗は、ほとんどがエクリン線から出てきます。

また運動やスポーツをした後に体温調節のために汗をかくことを温熱性発汗といい、熱いものや辛いものを食べたときにドッと吹き出る汗は、味覚性発汗といいます。

ニオイの原因になるベタつく汗「アポクリン線」


もうひとつの汗腺は「アポクリン線」といいます。

サラサラとした汗を出す「エクリン線」と違ってじっとりとしていてベタつきがあります。

体の全体にあるエクリン線とは異なり、脇の下や陰部など特定の場所に存在してニオイやフェロモンを出すと言われている汗腺です。
毛穴とセットで存在し、色々な分泌物を毛穴から水分とともに排出します。

アポクリン線から出る汗も最初は無臭なのですが、タンパク質を多く含み、脂肪、鉄分、尿素、アンモニアなどを含みます。
ベタつきがあり乾燥しにくいので、空気に触れて酸化するとニオイを発生させます。

また、このアポクリン線の汗はメンタル面との関係性がとても高く、ストレスなどで発汗することが多くなる傾向にあり、このような汗は精神性発汗と言われております。

緊張したときにワキ汗でびっしょりなんてこともあるかと思いますが、アポクリン線からかく汗が原因です。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →