あなたは大丈夫?!足元が湿りがちなこれからの季節の足の臭いケア

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

あなたは大丈夫?!足元が湿りがちなこれからの季節の足の臭いケア

だんだんと暖かくなり雨も多くなる季節になってきました。

特に梅雨の期間は足元が湿りがち・・・。
気をつけておかないと靴の中が蒸れてしまって、靴を脱いだら、ムワっと嫌なニオイがするなんでことも・・・。

特にお座敷などの靴を脱ぐシチュエーションでは足の臭いがしないかとても気になるところです。

意外と足の臭いって自分自身は、なれてしまっていて自分が思っているよりもニオイが強いことがあり、知らないうちに他人に迷惑をかけてしまっていることもあるので注意が必要です。

今回は汗と足のニオイの原因、そしてその対策などをご紹介します。

足が臭う・・・その原因とは?


足のニオイ・・・臭い人はとっても気になりますよね。
そもそも足が臭くなる原因とは、汗とどのような関係があるのでしょうか。

足が臭くなる原因は雑菌。

足にもともと存在する常在菌が、汗と混ざった皮脂や老廃物、そして足の汚れなどを分解していくと、ニオイのもとになる物質、納豆のようなニオイがする「イソ吉草酸」と、酸っぱいニオイの「酢酸」が出来るのです。

もともとから汗かきな足の裏


足の裏はとても汗をかきやすいのです。

足の裏には多くの汗腺があり、もともとはニオイのしない汗を出す「エクリン腺」がたくさん存在しています。
その為、汗の量としてはかなり多く、背中などに比べて10倍以上汗をかく人も多くいます。
その量は1日で個人差はありますが、コップ1杯ほどになるそうです。

エクリン腺からかく汗は、ほとんどが水なので無臭なのですが、汗に含まれる分泌物が皮膚の常在菌の栄養となり、分解されてニオイを発するようになります。

また、足の裏は体重を支えるために、皮膚の角質がとても厚く、かたくなっており、その角質が汗によって柔らかくなり、垢となって常在菌の餌になりやすい環境ができてしまうのです。

汗をかきやすく湿りやすいので、角質がはがれ垢になり、それがニオイの原因になりますが、長時間履きっぱなしの靴や靴下は大量にかく汗により、とてもムレやすいので、あの臭いニオイの原因になります。

特に女性のパンプスなどの通気性の悪い革靴などは、汗の湿り気が溜まりやすく雑菌が発生しやすくなりますので注意が必要です。

足の常在菌は高温多湿を好みますので、足全体を覆うような靴で通気性の悪い靴は、しっかりとした汗、ニオイのケアが必要なのです。

生活環境やストレスなども足のニオイの原因に・・・


環境やストレスなども臭い足のニオイの原因です。
ストレスがかかると、緊張を体が感じ取って「精神性発汗」を促して、特に暑くもないのに、汗をかいてしまいます。

精神性発汗はニオイの原因となる汗をかきやすいので注意が必要です。

足の臭いは環境によっても大きく左右されます。
立ち仕事や外回りの営業など、長時間靴を脱ぐ機会がない状況などは誰にでもあると思います。

長時間立ちっぱなしで疲労が溜まってしまった足は、血行が悪くなり老廃物が溜まりやすくなります。
そんな時に大量に足汗をかくと、体からの疲労臭を含め、かなり臭くなります。

本来は皮膚の表面に存在する常在菌は、肌を弱酸性に保ち、いろいろなことから守るという効果があるのですが、そのバランスが崩れて、菌が増えすぎてしまうと臭いの原因となります。

菌の数と足の臭いは、比例していますので、いかに足を清潔に保ち菌を増やさないかが重要なポイントとなります。

足のニオイ対策とは?


足の臭いは自分でも気付かないうちに誰にでもある悩みのひとつです。
なのできちんと対策しておくのはエチケットとも言えるでしょう。

しっかりと足を洗う


汚れが残らないように丁寧に洗うことが大事です。
また、足の裏の厚い角質をなるべく洗い落とすことも需要なポイントですが、やりすぎには注意が必要です。

出来れば体を洗うボディソープではなくて、石鹸で洗うことをおすすめします。
ボディソープには保湿効果が高いものが多いので蒸れる原因になる可能性があります。

石鹸には足専用のものや制汗、消臭効果のあるものもあります、それらを使い足の指の間など汚れが残りやすい箇所をしっかりと丁寧に洗いましょう。

靴や靴下は清潔に


足の臭いケアには靴や靴下も気を使いましょう。
特に靴は足の臭い対策にはとても深い関係性があります。

靴は毎日同じものを履いていると湿っぽくなりやすいので、出来れば1日履いたら違う靴を履いて、しっかり乾燥させたほうが良いでしょう。

消臭スプレーなどを使用するのもありなのですが、靴を清潔に保つことが重要ですので靴が乾燥できる環境づくりも重要です。

靴の下に新聞紙などの紙を敷いておくと靴の水分を吸収して乾燥しやすくなりますので、試してみてください。

蒸れやすい靴を履くときには通気性の良い靴下を選び、洗濯時には除菌用の石鹸などで洗ってから洗濯すると臭いが気になりにくくなります。

ストレスを溜めない


また、疲れやストレスも足が臭う原因となります。
なるべくお風呂は湯船に浸かるようにして、リラックスするなど、体に疲労を溜めないこともニオイケアでは重要なポイントです。

そもそも汗をかかないようにする


そもそも、制汗剤を使用して汗をかかないようにするのも足のニオイを出さないようにする手段のひとつです。
汗をかくことで、足の常在菌が増えるもとになりますので、汗をかかないようにケアをするのも良いと思います。

ニオイの問題はとてもデリケートです。

しかも「足が臭い」ってかなりマイナスなイメージがつきやすいものです。

外出先で靴を脱ぐ状況って突然やってきますので、どんなときでも大丈夫なように、日頃から足の臭いはしっかりとケアしておく必要があります。

足の臭いは誰にでもある問題ですのでしっかりケアしていきましょう。

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →