あなたは大丈夫?!嫌な臭いのもと「気づきにくい体臭の主な原因」

投稿者 :ワールドデオドットコムスタッフ on

あなたは大丈夫?!嫌な臭いのもと「気づきにくい体臭の主な原因」

体臭って実は誰にでもあるのです。
そして自分ではわかりにくいもの。

周りからはしっかりと臭いがわかるのですが、自分だとなかなか気づかないのです。

そこで今回は体臭についていろいろと調べてみました。
自分が発する臭いについて当てはまるものが無いかチェックしてみては如何でしょうか?

肥満が気になる人は気をつけよう!おデブな人から出てくる「メタボ臭」


肥満の人は独特の臭いを発することがあります。

太っていると若くても、加齢臭と同じ、あの古い油のような独特の臭いが出やすくなります。
体内にある余分な脂肪と活性酸素が、加齢臭のような臭いの原因です。

太っているとちょっと動いたりするだけで体温が上がり汗をかきやすくなります。

また、食事のときに熱いものを食べたりすると急激に体温が上がり、汗がドッと吹き出て、
汗だくの状態になってしまうのもメタボな人の悩みです。

汗だくの状態で何もケアしないと当然、臭いの原因になります。

疲れると出てくる「疲労臭」とは?!汗腺から出てくるアンモニアが臭いの原因


また、少し動いただけでも疲れてしまう人、特に肥満で疲れやすい人などは
アンモニアのような臭いを、発することがあります。

原因は身体が疲れてしまって肝臓の機能が弱ってくると、身体の中にあるアンモニアを
処理出来ずに汗とともに皮膚表面に出てきてしまい、強烈な臭いの原因になることもあります。

歳を取ると誰にでも出てくる加齢臭と言われる「ミドル臭」


特に40代~50代から出てくると言われる、あの古い油のような体臭が「加齢臭」です。

脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことで生まれるノネナールという物質が
あの臭いの原因になります。

加齢による身体の酸化に対する抑制力が下がり、脂肪酸と過酸化脂質の量が
増えることでノネナールが増加することで、加齢臭となります。

加齢臭は年をとれば誰でも出てきますし、いくつかのニオイ成分と混じり合って、
強烈な臭いとなりやすいので注意したいところです。

急激なダイエットなどで飢餓状態になると出てくる「ケトン臭」


糖質制限のダイエットを過度に行った人や、断食を長期間続けたりすると
独特の臭いを発することがあります。

この臭いはダイエット臭とも言われており、人間は体内のブドウ糖が枯渇する状態になると、
ブドウ糖に変わるエネルギー源として脂肪が分解されてケトン体が肝臓で作られます。

ケトン体はいわゆる酸なので、血中に多く含まれると血液が酸性になり、

汗とともにケトン体が排出されるときは、腐った果物のような強めの臭いを出します。

今すぐに誰にでも簡単にできる体臭対策の方法とは?


今の時期は暖かくはなってきたものの汗をかく機会はまだまだ少なく汗腺の機能は
低下しています。

冬の間汗をかかずにいたので、老廃物が汗腺に溜まりやすくなっています。

春になり、この老廃物が汗とともに皮膚の表面に排出されると、
嫌な臭いの原因になりやすいのです。

これを防ぐためには、お風呂をためてお湯につかり、汗をかくことが効果的です。
身体を温めることで毛穴が開いて、溜まっていた老廃物も洗い流せるので、
肌もきれいになります。

そして、身体のなかでも特に臭いの強い部分、耳の後ろや首の後ろなどの
皮脂を丁寧に洗い落とすことで加齢臭などの臭いをしっかりケアすることが出来ます。

だんだん暖かくなってきたので、汗をかくことも多くなりそう・・・。
しっかりとケアして、汗をかいても臭わないように今から準備をしておきましょう!

この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →